読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Read me 激情

しがないゲーオタ女子の真・闇ブログ

ブログ名決まった

はてなブログアプリで「おすすめブログ」一覧を見てると、みんな結構凝ったブログ名つけてんのなーと感心する一方で、デフォルトの「〇〇の日記」や「〇〇のホームページ(ほめぱげ)」みたいな超シンプル名称ってもう素のセンスで出ないのかな……とも思ったり。

というわけで、毎日更新できる日記でもないし、いつまでもデフォ名なのが恥ずかしいのでブログ名をついに考えたが、実はこっちのほうが自分のセンスや本質や嗜好を晒してるようで、もっと恥ずかしい。

 

ブログ名の由来は、まずいきなり話が飛ぶけど、自分は音楽の中でも80年代ニューウェーブ/パンクが特に大好物で、そのムーブメントの代表的インディーズレーベル「4AD」の創始者のプロジェクト、ディス・モータル・コイル (This Mortal Coil)のアルバム「Blood」が特にお気に入りで、このアルバムの邦題「激情」から単語を拝借した。

 

4ad.com

youtu.be

この曲が特に好き。PVもけだるくていい。

 

美しいアンビエントなコンセプトアルバムなのに、なぜ“激情”というストロングな単語が邦題なのか、と当初国内盤を手にしたとき思ったのが、何度も聴いているうちに次第に、静かで荘厳な階調の中に込められた、洋題の文字どおり、脈動する、熱くて抑えきれぬ激しい「血」の流れを感じるようになり、“激情”とはなんてふさわしい邦題なのだろう、と感動したのを今でもよく覚えている。

 

話は戻り、自分がブログを始めたのは、思いついたことをただひたすら気兼ねなく、まとまった長文を書きたいからであって、それは“激情”の本来の意味でもある、激しく沸き起こる感情を記したいという思いと完全に一致しているので、どうしても“激情”の単語を入れたかった。元々は書く行為自体が自分のためにあるものだが、とどのつまり、誰かに読んでほしいので“Read me”も入れた。かつての情報収集サイトを彷彿とさせるが、漢字×英単語だと、なんだか椎名林檎の曲名センスみたいでアレなので、逆にしてみた。まあどっちでもいいのだけども。

 

サイトのカッチョいいネーミングとか正直うらやましいけど、いくら自分の脳味噌を絞ってもそんなシャレオツセンスは微塵も持ち合わせていないことを、今回は目の当たりにできたので、ここは分かりやすく、自らの体験をもとに命名するのが一番だと考えた。

そんな具合で、ブログ名がやっと決まって、なんとなく自分の定住先というか、ある意味でドメイン名以外の住所が定まったような気持ちになる。まあぶっちゃけ自分以外の他人にとっちゃ「マクガのほめぱげ」でもどっちでもいいや、というお話でした。

広告を非表示にする