Read me 激情

しがないゲーオタ女子の真・闇ブログ

2019年明けましてポッドキャスト第5回目です

もうとっくに正月気分も抜けきったところで、新年明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いいたします!


anchor.fm

 

つーわけで、新年のご挨拶がわりに今年1発目のポッドキャストを更新しました。収録時間が押してたので少し早口気味になったのと、空気が乾燥してて喉が枯れたり、話もあちこちとっちらかりすぎて猛省。あとマンガの話って口で説明するのほんと難しいなーと痛感した。聞きづらくてすんません。今回もメモ代わりに台本用意しといたけど、ストーリーの説明がある話題は、プロット通りに話さないほうが逆にいいのかも。


今回紹介した漫画作品はこちら。

www.amazon.co.jp

www.mangaz.com

www.amazon.co.jp

どれも本当に面白いので、機会があればぜひ読んでみてほしい。「WAVE」の続刊があんまりにもあんまりな終わり方だったので、思わず誰かにトークを聞いてもらいたくてマンガをテーマに収録して、気づいたら「WAVE」話だけで25分もしゃべってた……ウザい!

f:id:macgirl360:20190119041613j:image

なお、ポッドキャストのプレビュー画像は、「WAVE」の堀川が音響カプラーのガーピー音声を耳コピして逆アセ(逆アセンブラ)しているシーン。頭の中にCPU積んでる堀川めっちゃスゴくてほんとお気に入り。プログラマってみんなこういう神業ができるの……。

 

そういえば「WAVE」の闇ビジネス話の流れで思い出したけど、話しそびれたネタがあった。

昔、中学生の時、クラスの友人女子の間で「テレクラ遊びごっこ」が流行った。放課後、公衆電話に貼ってあるテレクラのチラシの電話番号に片っ端から電話して、年齢も経歴もウソをついて、駅前あたりまで相手の男を呼び寄せ、物陰に隠れてどんなヤツが来るか観察だけして放置するといった、残酷なまでに無邪気な女子中学生の遊びだった。発案者の女友達から、アンタも何かでまかせでいいからしゃべりなよ、と誘われたが、自分は電話で話すのがそもそも苦手だし、口先で都合のいいウソを付けないタイプだったので、「アタシ18歳。ねぇ、ちょっと会いたいから遊びに来てよ~」と、呼吸するようにウソをついて男を誘って呼び寄せ、来た男を遠目から覗いて「うっわーアイツキモい~ウケる!」と夢中になっている女友達たちと、中学生にまんまとだまされた無様で下心剥き出しの男たちの様子を、ただ横でじっと見ているだけだった。あまりにも慣れた口調でテレクラしているので、女友達が実際にテレクラで男と遊んでいたのかどうかは定かではないが、彼女は高校に入ってもヤンキーと付き合ったりなどかなりヤンチャしてて、中学生にしてイケナイ悪い遊びは色々知っているようだった。「WAVE」の牛島膳も、きっとこんな感じでずる賢くて勘がいいのだろう。

テレクラもダイヤルQ2も、電話を使った闇ビジネスだが、気づけば公衆電話にベタベタ貼ってあったチラシをはじめ、世間から猥雑ないかがわしさが、いつの間にか消えていた。あれもひとつの時代だったんだなぁ。来年2020年の東京五輪開催に向けて、都会の街はますます浄化され、昭和から平成にかけての猥雑さは消滅してゆくのだろうか。

 

theseiji.sakura.ne.jp

作画担当のTHE SEIJIの「WAVE」完結コメント(2009年9月30日付)。やっぱり少し無念を感じさせるニュアンスが。しかし絵日記がめちゃくちゃ上手くて見惚れてしまう。あと大型二輪免許取得の教習所日記もあって、この春普通二輪免許取りに行く予定の身として参考になる。HP日記はまめに更新してるみたいだけど、最近はマンガ描いてないのかな……今の絵柄もすごく好きだし、ファンなのでエロでも商業でも、また活躍してほしいと願ってる。

 

togetter.com

「おとこの口紅」は、現代に復刻するまでのプロセスも大変興味深くて面白い。日の目を見られなかった本を世に出す苦労は自分も痛いほどよーく知っているので、大変理解できる。昔からエロ劇画が好きで、日陰にあった復刻作品も読ませてもらっていた。こうして小さな声から名作が再発掘されるのはとてもよいと思う。

 

atsujiya.blog96.fc2.com「夢の掟」の作画、山本貴嗣のHPにある最近の日記に、あとがきの話でも触れていたミケコの話題があった。「夢の掟」から、亡くなってからもう19年なんだね……作品も愛猫も、いつまでも忘れられない存在であってほしい。


ブログもポッドキャストに負けじととっりらかり気味ですが、そんな感じで。
改めて2019年、今年もどうぞよろしくお願いいたしますー。