Read me 激情

しがないゲーオタ女子の真・闇ブログ

2022年は、老いと寄り添う元年

もう正月気分もとっくに抜けきった頃ですが、新年明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いいたします!

 

f:id:macgirl360:20220106105941p:plain

年末年始、2年ぶりにいわきの田舎へ帰省した。例年は上野駅発の特急スーパーひたちで往復するのを、久々に高速バスを選択してみた。高速バスはひたちに較べて到着が1時間ほど長いのだが、ひたち片道の値段で高速バスを往復できるから断然安いよねーってことで。高速バスは乗り心地も特急とほぼ変わらず快適で、コロナ感染対策も万全となっており、乗客も飲食をほとんどせず粛々と過ごしていた。移動中の飲み食いの楽しみが減ったのは残念ではあるが、ゲームしたり動画を見たり本を読んでいればあっという間に到着するから、次回の帰省も高速バスで確定かな。

 

f:id:macgirl360:20220106105855j:plain初詣。おみくじは大吉だった。イエーイ。半ばより案外安く叶うらしい。

 

f:id:macgirl360:20220106105935j:plainゲーム好きな義兄宅にも久しぶりに訪問。いま小2の甥が父(義兄)とメタルスラッグにハマっているらしく、遊びに行った日もひたすら遊んでいた。SV-001のプラモまで作ってる入れ込みよう。

f:id:macgirl360:20220106105926j:plainf:id:macgirl360:20220106105841j:plain部屋の中に、9年前に自分が作ったメタルスラッグ特集本(ACGS)が置いてあって驚いた。懐かしいなー! 以前から自分の作ったゲーム本を義兄が購入して読んでいるのは知っていたが、メタスラ特集本も買ってくれていたとは。ご愛読ありがとうございました。

 

f:id:macgirl360:20220106110000p:plainf:id:macgirl360:20220106105951p:plain

いわき・ら・ら・ミュウにも遊びに行った。『ピクミン ブルーム』で栄え具合をチェックすると、そこそこ花で埋め尽くされていた。近くにイオンモールもあるし、人が戻ってきているのを感じる。

f:id:macgirl360:20220106105915j:plain福島の大好きなスイーツのひとつ、凍天(しみてん)が復活していた……やったー!! 冷凍凍天を買いたかったが、在庫切れだったから持ち帰りでまとめ買いした。オンラインショップも20個から購入できるので、早速申し込んだ。自己破産でもうあの味に会えないと思っていたが、販売再開してくれて本当によかった。二度と無くなったりしないよう、遠くからでも買って冷凍庫にストックしておきたい。

www.asahi.com

shimiten-konohata.stores.jp

 

f:id:macgirl360:20220106105907j:plainf:id:macgirl360:20220106105920j:plainf:id:macgirl360:20220106105846j:plain小名浜デイクルーズにも乗って、カモメにかっぱえびせんをあげた。写真は家族があげてうまくキャッチした瞬間。手が寒くてヤバかった。あと付いてくるトンビの圧がすごく、なかなかカモメが船に近づいてくれない。鳥は美しくて可愛い。

f:id:macgirl360:20220106110008p:plain

帰り道。友部SAの休憩中に見つけた近場の苗をおつかいに行かせたら、バスの出発でみるみるうちに終了時間が増えて最終的には1日超えて笑った。まるでバスに乗り遅れたかのように追いかけてくるピクミンよ……ピクミンのおかげもあり、いつも以上に貴重で楽しい帰省だった。

 

ところで、唐突に超個人的、かつ女子のデリケートな話題になるのだが……

昨年末、12月分の生理が来ないまま、年が明けてしまった。ゲーオタブログなのにいきなり生理の話をするのもアレだが、普段は生理が順調で、生理不順とはほぼ無縁だから、半月以上も遅れているのはさすがに心配だった。もし帰省先で突然生理が来てしまったらどうしよう……と不安な年越しを迎えた。

そして正月。前職の同僚友人女子たちのLINEグループで、毎年恒例の新年ご挨拶と連絡を取り合っていたら、「最近、人生初の生理が飛んで、これはもう閉経!? と思ったら、翌月から普通に来たんだよー!」「えー? 私も私もー!」とみんなで老化と生理の話題になり、実は私も……と激しく同意して、盛り上がった。

すると翌日、生理が来た。友人女子たちに報告すると、「生理がうつったのかな? 新年早々生理の話なんて、面白いよねー!」と互いに笑いあった。帰省先でまんまと生理開始で困ったが、1月2日からドラッグストアが開いてて助かった。

生理が遅れることを誰にも言えず、ひとりで密かに心配していたら、友人女子たちも同じ悩みを抱えていて、LINEで話し合っているうちに、ホッと安心して生理が来たのだろうか……? 生命の神秘というか、不思議な体験だった。女子間のまことしやかな都市伝説で、生理はうつるという有名なウワサがあるが、今回ばかりはタイミング的に信じてしまった。

 

この年代にも差し掛かると、何かの思い当たりで遅れる生理は、もはやないのだと思い知らされた。同年代の女子同士で、老化の話題で盛り上がるのも必然の流れだ。女子だけでなく、同世代男子も、やれ老眼が始まっただの、薄毛の治療を始めただの……「中年の変な体」の根源、“老”が昨年あたりから徐々に到来しているのを感じる。最近ネットでも50代を迎える心境を綴った中年エントリーが目に付くし、昭和40年代後半~50年代前半生まれがいよいよアラフィフ突入したのだ。

2022年は、老いと寄り添う元年なのかもしれない。これからの人生後半戦で、ゲームをはじめとする楽しみな趣味やイベントをクリアするにあたり、心身の衰えや老いに抗いつつも、老いを認めて向き合い、寄り添って生きてゆかなければならない。特に女子には(一部男子にもあるらしいが)、更年期障害というハンデが待ち構えている。母や3歳上の姉の更年期の辛さを垣間見ているから、症状がなるべく軽くなるよう備えておきたい。

そして最も大事なのは、心身の老いを理由に、誰かに八つ当たりしたり、自棄を起こして周囲に迷惑をかけてはいけない。これは自戒も込めて書いておくが、自分の問題は自分自身で解決し、決して他人にまで及ばないように、中年の危機を乗り越えていきたい。

朝ジムでヨガを4年続けてみて、どんな状況でも、頭のてっぺんから足の指先の隅々までに自分の心と体へ命令を送る=コントロールできるようにしておくのは、ゲーミング人生を送るうえでも非常に大切だと気づいた。心身の健康とは、自分を難なく操ることだと。それでも辛くて思い通りにいかない憤りもあるかもしれないが、そのままの自分や他人を受け容れていけるようになりたい。

 

最後に、友人女子とのグループLINEで「お互い、更年期を笑い飛ばそうぜー!」と締めた。彼女たちとも、かれこれ20年来の関係だ。遠距離とコロナもありこの6年ほど会えていないが、いつまでもずっと大切な友人たちと、更年期突入するまで長い付き合いになったことを、とても喜ばしく思う。このブログは読んでないかもだけど、これからもどうぞよろしくね。

 

当ブログを読んでいるかもしれない、インターネットのどこかの誰かにも、どうか心と体をくれぐれも大事にしてほしいと願っている。ただ健康に生きているだけで、かけがえなく、ありがたい世の中になったから……お互い、今年もなんとか元気に生きて、楽しくゲームしていきましょー。

2021年マクガ的統括ベスト5(ゲーム編)

今年最後の更新。業務は難なく締まったが、肝心のゲーム&ブログ納めが全然できておらずヤバい! あと数時間で2年ぶりの田舎帰省。最後まで諦めずゲームのために駆け抜けろ、そして死ね! というわけで2021年ゲーム編。ベスト5を銘打ってるが、人生&音楽編のように今年はランキングにせず、トピックだけつらつら挙げることにした。しかし時間はあんなにあったはずなのに、毎年どうして大晦日付近までギリギリ進行なんだ……なお昨年度まではこんな感じ。

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

 

昨年リリースでも、2021GOTYはサイバーパンク2077

f:id:macgirl360:20211225023907j:plain

macgirl360.hatenablog.com

サイバーパンク 2077』。2021年はサイパンで明けて、上半期までサイパンに暮れていた。PS4版を予約して発売日に入手したものの、本格的にプレイ開始したのは新年明けてからなので、自分的には2021年GOTYはサイパン。ゲームクリアするまで、とにかくバグフリーズがすごかったなー。あまりの頻発さに、ゲームの難度問題以外で久しぶりに心が砕けそうになったかも。以下、スナップ写真いろいろ。

f:id:macgirl360:20211228164300j:plain

f:id:macgirl360:20211228164255j:plain

f:id:macgirl360:20211228164250j:plain

f:id:macgirl360:20211228164305j:plain

f:id:macgirl360:20211228164310j:plain

マイオートバイ写真。やっぱ四輪よりも二輪っしょ! ゲームの中でもバイクに乗っていたい願望を叶えてくれて、しかもカッチョいい写真も撮れて最高。

f:id:macgirl360:20211228164234j:plain

f:id:macgirl360:20211228164239j:plain

f:id:macgirl360:20211228164244j:plain

街角のへんなモブ。現実にはいないはずのキャラなのに、マーキングすると名前が出てきて妙にリアルに感じられる。あとしゃべる自販機が出るゲームは名作!

f:id:macgirl360:20211228164330j:plain

f:id:macgirl360:20211228164433j:plain

f:id:macgirl360:20211228164447j:plain

サブキャラのジョブもそれぞれ面白くてよかった。特にジュディとのロマンスはお気に入りキャラなので感激した。パナムはズッ友。UsCracksの3人もサイバー不思議ちゃん系な見た目に反して、中身は至ってフツーの女子なギャップに萌えた。歌は電波系なアレだけどめっちゃいい子たちなんだよ~。

f:id:macgirl360:20211228164315j:plain

f:id:macgirl360:20211228164320j:plain

寂れた定食屋の食品サンプルみたいな質感のサイバーメシ集。ゲーム中でも食事のシーンがわりとあって、食事をキーにする心意気が感じられ、きっと意図的なのも分かるが、見た目がとにかくマズそう。

f:id:macgirl360:20211228164348j:plain

f:id:macgirl360:20211228164222j:plain

f:id:macgirl360:20211228164226j:plain

おもしろテキスト集。鬼滅の刃パロ笑った。原文ではどうなってるんだろ。そして家庭用的には性器もろ出しはダメでもチンポジはOKらしい。

f:id:macgirl360:20211228164339j:plain

f:id:macgirl360:20211228164230j:plain

ジョニーのSAMURAIジャケットお下がりもらった記念ショット。なんかこのゲームお下がりアイテム多くね? アプデのたびにポージングのパターンが増えて試し撮りも楽しい。明らかにセーラームーンジョジョっぽいのとかあったり。

f:id:macgirl360:20211228164049j:plain

f:id:macgirl360:20211228164053p:plain

そんなこんなで、隠しエンディングでクリアした。敵が固くて難しかった~。クリア後にジョニーが隠し部屋でギターを弾いてくれてビックリした。キミほんとにバンドマンだったんだ……

オンラインマルチプレイ機能実装の続報がその後出てないのがちょっと心配。マルチ対応するなら、リパードクでもうちょいアバターをいじれるようになるといいのだが。何にでもなれるサイバー世界なのに、見た目の自由度は意外と低いのが残念。けどマルチ化されたら、またナイトシティに戻って暴れたい。

昨年のGOTYのツシマといい、ここ数年はメジャー&ビッグタイトルを年に1本遊び尽くせれば、それだけでもう満足な傾向が続いている。人生と生活を優先する都合で、年間に何本も何時間もゲームを遊びまくるのはもはや不可能になってしまったので、自分にとっては、ひとつずつのタイトルとじっくりゆっくり向き合っていくのが、今後も末長く続けられるマクガ的ゲームスタイルで、それでいいと考えている。たくさんの新作ゲームと出会う機会を逃しているかもしれないが、貪るようにゲームを欲しているほかのゲーオタ有志が遊んで布教してくれさえすれば、それでいい。

automaton-media.com

ところでこの記事を読んで、ちょっと残念な話題があった。いやジョニーとエッチできるMODが取り下げられた話じゃなくて……実はキアヌ自身はサイパンのプレイ経験がなく、他人がプレイしているのを見ているのみとのことだった。ガーン!! モデルであるキアヌ自身がジョニーパートをやっているのを、ぜひ実現してほしかった……ツシマでダイスケ・ツジ氏がプレイしてるのとか、キムタクが如くでキムタクがプレイしてるのとか、モデル自身がヴァーチャルとリアルを自分で体験するエピソードがすごく好きだし、もしやってくれたら好感度が爆上がりするから、そのうちやってよキアヌー!!

ファミ探リメイク、出してくれてありがとう

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

 

f:id:macgirl360:20211231024001j:plain実はついさっき、『うしろに立つ少女』をクリアした。最初に始めた『消えた後継者』は夏頃にクリア済みですぐさま『うしろに~』も開始したら、クライマックス直前で止めてからしばらく、ずっと寝かせてしまった。早くゲーム納めしないとうしろに立つ少女に呪われる~! とさっさと進めた。怖かった。真夜中にやるゲームじゃなかった。

f:id:macgirl360:20211231022325j:plain

f:id:macgirl360:20211231022330j:plain

f:id:macgirl360:20211231022334j:plain

f:id:macgirl360:20211231022321j:plain

『うしろに立つ少女』恒例、性格診断とあゆみちゃんとの相性診断もあって感激。クールだけど慌てん坊でイタズラ好きだそうです。あゆみちゃんとのパーフェクト相性、どうやったら出せるの……

2作とも、ディスクシステム版とスーファミ版で味わった、奥歯がガチガチ鳴るほどの恐怖感や戦慄を、令和現代の最新技術で見事に蘇らせていて唸りまくった。特にキャラクターの2Dモーフィングが実に繊細で、一体技術的にどうやって動かしているのか理解できないほどすごかった。外部のMAGES.開発とはいえ、任天堂が本気でアドベンチャーゲームを出す凄みを、改めて思い知らされる。

f:id:macgirl360:20211228163918j:plain

f:id:macgirl360:20211228163922j:plain

f:id:macgirl360:20211228163927j:plain

f:id:macgirl360:20211228163931j:plain

熊田先生コレクション。可愛いな~。昭和生まれには馴染み深い、ぢゃ口調おじさん、令和キッズにはどう映るのか興味深い。


スマホソシャゲに珍しくハマった一年

スマホに余暇時間を奪われたくないので、習慣的にスマホでソシャゲは遊ばないようにしているのだが、ここにきて自分の好きなコンテンツのゲームが出てしまった。ドラゴンクエスト ダイの大冒険 魂の絆』ピクミン ブルーム』だ。

f:id:macgirl360:20211228164534p:plain

f:id:macgirl360:20211228164610p:plain

ゲーム開始したら、ブラスじいさんから突然アンケート回答を求められてビビった。こんな形でユーザー意識調査するなんて……!

f:id:macgirl360:20211228164556p:plain

f:id:macgirl360:20211228164731p:plain

f:id:macgirl360:20211228164754p:plain

原作通りなアツい展開のメインクエストを進めると、お馴染みの仲間が増えていくが、ヒュンケルでも悪ヒュンケルと善ヒュンケルの2種類が独立で存在し、それぞれ育成するのが面倒なのと、10連ガチャが超絶しょっぱくて辛い。その点DQウォークはまだレアが出るほうかも。

f:id:macgirl360:20211228165115p:plain

f:id:macgirl360:20211228165145p:plain

f:id:macgirl360:20211228165232p:plain

f:id:macgirl360:20211228165343p:plain

f:id:macgirl360:20211228165354p:plain

f:id:macgirl360:20211228165102p:plain

f:id:macgirl360:20211228165054p:plain

『魂の絆』は一度も課金せず中断してしまったが、『ピクミン ブルーム』は今でも続けている。課金はスターターパックのみ。外出ついでにデコピクミンを集める楽しみも増えたし、『ポケモンGO』と違って他ユーザーと競う殺伐感もなく、ただひたすら歩くだけなのに、コミュニティ・ディで10000歩達成バッジもらうぞ! と歩くモチベーションを保てるのは、なんだかすごい。なんだかんだでピクミンたちが可愛くてやってしまう。

IGD:NKODICE

SteamのゲームはPCを起動してても、なかなかゲーム起動までやる気力や環境が整わなくて、セール購入の積みゲーが溜まる一方だが、『NKODICE(んこダイス)』はクリックのみでプレイできてとても簡単に起動できるから、めちゃ遊んでた。M-1グランプリの漫才が「果たしてコレは漫才なのか?」と問われるように「果たしてこれはゲームなのか?」と疑問もあるが、ただダイスがいい感じに揃うだけでも面白いので、高度な知能を持つ人類的にはたぶんゲームなのだろう。いまならちょうど50%オフだし、一度疑問を体験してみるといい。

f:id:macgirl360:20211228163852j:plain

f:id:macgirl360:20211228163847j:plain

f:id:macgirl360:20211228163836j:plain

f:id:macgirl360:20211228163843j:plain

満貫(OCHINCHIN)がなかなか揃わない……

store.steampowered.com

 

その他、遊んだりクリアしたゲームとか

f:id:macgirl360:20211225023903j:plain

f:id:macgirl360:20211225023859j:plain

f:id:macgirl360:20211225023855j:plain

『SABLE』(Xbox One版)メビウス的世界観とJapanese Breakfastのサントラに惹かれて、発表時から期待していたタイトル。砂地を歩くとボフッと砂煙が出るのが芸細。ゼルダBotWとICOの影響が随所に見受けられるが、キャラの挙動の甘さを感じて、本家の作り込みってやっぱすごいんだなーと感心する。

www.xbox.com

f:id:macgirl360:20211231033411j:plain

f:id:macgirl360:20211231033416p:plain

『Sea of Solitude』(PS4版)。これも発表時に気になってたタイトル。サクッとクリアで遊べてよかった。少女の感情の起伏で水位が上下する不思議な街を舞台にした、アクションパズルアドベンチャー。人の孤独感を追憶する物語。なんとなくアニメ映画「聲の形」を思い出した。

store.playstation.com

 

R-TYPE FINAL 2』(PS4版)。かねてより支援していたクラファンが無事達成、今年4月についにリリースできて、本当によかった。デジタルコピー版でプレイした。最初から機体配信がいくつかあって、1ステージで様々なプレイ体験できるのが嬉しい。

rtypefinal2.com

ところで、本作関連でこんな記事に出会った。

anond.hatelabo.jp

余裕があれば状況報告するから……と締めて以降、音沙汰がない。彼が『R-TYPE FINAL 2』をクリアするのをずっと応援して……いや、きっとクリアできたのを、いつまでも待っている。

 

自分には、このように命を燃やしてまで尽くせるゲームがあるだろうか? そして今後の人生で、そんな素晴らしいゲームと出会えるのだろうか?

冒頭で年に1本じっくりゆっくり遊べるゲームに出会えればよい、と語ったばかりだが、コロナをはじめとする命の危機や人生の突然の終わりが、すぐそこにある現在において、余裕をカマシすぎじゃないかとさえ感じてしまう。だが、これが自分にとってのゲーム人生の歩みの速度であり、有り様だから、たとえ年に何十本もゲームを遊べなくとも、いつだって後悔がないように、ゲームと真剣に向き合い、寄り添いたいと願っている。

 

****

 

open.spotify.com

そういえば先日、ポッドキャストを更新していたのを告知していなかった。よかったら。結局年内もう1回更新は叶えられず……くそ~。つーか今年は2回しか更新できんかった! 音楽追加サービスがせっかく実装されたから、来年はもうちょい頻繁に更新したい。

抱負ネタが出てきたこの流れで、最後の締めに今年の反省&来年の抱負を。今年の目標、「なにか一つ新しいことに挑戦する」、ほとんどできなかった……ガックリ。昨年も目標達成できてなくね? まーヘアドネ初体験は新しいことのひとつかな。年に一つは新スキル追加できるようになりたい。先日話に出た着物の着付けとか。
最近はYouTubeの懐かし動画を見てるのがとても楽しいし、何か動画に関する新コンテンツでも立ち上げてみたい。音声はもうポッドキャストでやってるから、ゲーム配信とかVTuberデビューとか、素顔を一切晒すことなく動画デビューをしてみたい。ひとまず言ってみるだけでも。時代の成り行きに身を任せてみるのも、たまにはいいかも。

体力方面では、昨年から続けている朝ジムのシェイプパンプを週1→2にして、もっと見た目にも引き締まった感を出していきたい。毎朝トイレ後にMiスマート体組成計2に乗る計測習慣は続けて、現実の数字と向き合おう! あと外見方面では、髪が久々にショートボブになったから、ツートンカラーやインナーカラーを入れたり、ヘアカラーでたくさん遊びたい。せっかくだから推し色(むいむい=時透無一郎)にしちゃおうかな?

コロナが相変わらず先行き見えないから、生きる楽しみの予定をなかなか立てにくいが、ワクチン接種3回目以降あたりで少しずつ友人と再会したり、遠出の旅もしていきたいかな。頃合いが来たら声掛けすると思うので、そちらもいい話、お待ちしてます。

 

今年も1年……よくもまー年末のクッソ忙しい中、当ブログにお付き合いありがとうございました。今年の年末は帰省する人たちが多いのかな。いつもどおり時間の無駄遣いと暇つぶしになれば幸いです。毎月1回更新、今年も達成できました。エライ! 来年2022年も、どうぞよろしくお願いいたします。どこかの誰かな皆様のご多幸とご健康を心よりお祈り申し上げますから、そちらもマクガの幸福と金運上昇と健康をお祈りください。

 

今年ついにサブスク解禁されたこの曲でお別れです。マイトガイ小林旭バージョンで我慢しなくてよくなって感激。セルフカバー版もアツい!

それでは、よいお年を~!

open.spotify.com

2021年マクガ的統括ベスト5(音楽編)

統括をまとめてて個人的に一番楽しい音楽編。今年もSpotifyまとめ2021を元に作成しようとしたら……

f:id:macgirl360:20211222131917j:plainf:id:macgirl360:20211222131925p:plainf:id:macgirl360:20211222131931p:plainf:id:macgirl360:20211222131938p:plain

ほほー。今んとこトップソングも大体合ってる。しかし合計再生時間が昨年より10000時間減ってる。おそらくYoutube再生時間が長くなったせいかも。

f:id:macgirl360:20211222131945p:plainf:id:macgirl360:20211222131951p:plainf:id:macgirl360:20211222131957p:plain

は?????? なぜランキングにTMネットワークが……確かに定期的に聴いてはいるけど、ランクインするほどじゃないっつーか。しかもさっきからSpotify構文が微妙にイラッとくる……その長体なんなん???

f:id:macgirl360:20211222132002p:plainf:id:macgirl360:20211222132008p:plainf:id:macgirl360:20211222132014p:plainf:id:macgirl360:20211222132019p:plain

ノビヨ……お前だったのか! 一途に向き合っていたアーティストは。しかしこれもなんか自分の認識と違う。確かにFFサントラはめっちゃ聴いてた。でも昨年の話なんだが。

f:id:macgirl360:20211222132026p:plainf:id:macgirl360:20211222132033p:plainf:id:macgirl360:20211222132039j:plain

といった感じのまとめだった。な、納得いかねー!!!! 多分Spotifyはアルバム単位でまとめ聴きしていたアーティストばかりをランク認識してるんだよ……今年めでたくサブスク解禁したB'zも、過去アルバムを一気にまとめ聴きしたうえのランクインだと思われる。いつも聴いているお気に入り曲を放り込んだプレイリストで、ランダム再生なのになぜか何度も流れる曲がTMだったりするんだ。誤解だ! 今年のSpotifyは私のことを知らなさすぎる……!

open.spotify.com

全然参考にならないMy Top Songs 2021も一応貼っとく。あまりにも納得いかなすぎるが、ランクインしたトップアーティストの「私の曲をたくさん聴いてくれてありがとう!」というメッセージ動画が再生されるのはとてもよい。自分の場合、デュア・リパが入ってた。Spotifyが勝手に作るプレイリストとは別に、今年1年間で気に入った曲を放り込んだマイベスト2021プレイリストがあり、そちらのほうがはるかに正確なので、何曲か紹介する。好きな曲が多すぎてもうベスト5も関係なくなってるし、暇でヒマでしょうがない、人生の無駄な時間を持て余してる人だけが付いてくればいい。動画リンク多めなのでPCブラウザ推奨。アーティストになるべく貢献したいため、可能な範囲でSpotifyアルバムリンクを貼った。なお過去エントリは以下の通り。

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

 

マイトップソング2021

Spotifyトップソング1位にランクインした、碧海祐人(おおみ まさと)「残照」。ラジオでたまたま聴いて、一発で気に入ってヘビロテしてた。デビュー当初の平井堅を彷彿とさせる、メロウでジャジーな雰囲気がたまらなく好き。あと少女漫画に出てくるカッコいい男子みたいな名前もステキ。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

open.spotify.com

お気に入り曲 邦楽編

星野源「創造」任天堂星野源のクリエイティビティが見事にマッチした曲。もはや任天堂の社歌。メーカーオフィシャルでこんなにゲーム音楽のサンプリングを取り入れた楽曲もないのでは……ちょっと早すぎたのかもよB-DASH!

www.youtube.com

open.spotify.com

 

浦上想起(うらかみ そうき)「未熟な夜想。昨年紹介した松木美定の流れで知った。幻想的な多重録音。最初聴いた時くるりっぽいなーと思ったら、岸田繁自身もリコメンドしてた。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

miida & the department「wind and sea」。新曲プレイリスト経由で聴いて惚れた。目前に海辺が広がるような爽やかな透明感がよい。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

SAKANAMON「ことばとおんがく」。ラジオ経由で聴いた途端、リリックの言葉遊びの面白さにグッと掴まれた。NHKEテレ「にほんごであそぼ」や「みんなのうた」と相性がよさそうなので、起用いかがでしょう?

www.youtube.com

open.spotify.com

 

踊ってばかりの国「Twilight」。変わったバンド名に引っかかって聴いたら、大好きなサイケ・ポップだったのでとても気に入った。ちなみにバンド名は90年代のガールズバンド、ハバナ・エキゾチカのアルバム名が由来らしい。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

Maika Loubte(マイカ・ルブテ)「You and I」。新曲プレイリストで存在を知って、過去曲も全部聴いたらどれも最高だった。最近KIRINJIと共演もしたり、モデルみたいな可愛いルックスでゴリゴリのエレクトロしてるのがカッコ可愛いくて、今後の活躍に注目してる。今年は女性ボーカル曲が大豊作だった。

www.youtube.com

open.spotify.com

メジャーな洋楽も聴くんです(Shazamとアレクサ経由で)

寝室に、リビングからのお下がりのEcho Dot(第3世代)を置き、Alexaに朝の目覚ましと夜の睡眠BGMをかけてもらっていて、気になった曲をiPhoneのコントロールセンターのShazam認識で検索してる。自分の知らなかったジャンル曲や普段聴かないメジャー曲を教えてくれるので、とても重宝してる。その中で出会った何曲かをご紹介。

 

Dua Lipa(デュア・リパ)「Levitating」。いつもスポーツジム館内の有線でも流れまくってて、あちこちで聴いてたらとても好きになった。日本のアーティストとコラボしたアニメ調PVも最高。日本のトレンドもよく分かってらっしゃる~。いま一番好きな洋楽の女性アーティスト。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

Shawn Mendes(ショーン・メンデス)「If I Can't Have You」。Alexaがいつも朝にかける、テンションブチアゲな目覚めの一曲。イケメンの甘い歌声で起こされる毎日っていいかも。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

BTS 「Permission to Dance」。これもAlexaのお目覚め定番ソング。アイドルグループに興味がまったくないせいか、メンバーの顔も正確な人数もいまだにちっとも覚えられないが、BTSの曲はどれもすごくポップでキャッチーないい曲ばかりで感心する。さすが世界的有名アーティスト。

www.youtube.com

open.spotify.com

インディーズ系洋楽も、ちょういいんです

macgirl360.hatenablog.com

ここでも書いた、セリアの店内BGMの北欧系チルポップが気に入って、さらに深堀りして聴いてた。Barrie「Darjeeling」。PVも雰囲気があってちょういい。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

Sondre Lerche(ソンドレ・ラルケ)「Sleep On Needles」ノルウェーのシンガーソングライター。同じくセリア店内BGMだったような。ネオアコっぽいの大好き。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

Yumi Zouma(ユミ・ゾウマ)「Song for Zoe & Gwen」。日本人女性っぽい名前だが、ニュージーランドオルタナ系バンド。これもセリア店内BGM。セリアまじですげえ……すっかりセリアの大ファンである。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

Faye Webster(フェイ・ウェブスター)「Kingston」アメリカ、アトランタのシンガーソングライター。インパクト大のアー写がやけに気になって聴いたら、とても好みの音だった。浮遊感が心地よい。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

アニソンにヤられた2021年

小鷲翔太「走れモルカー!」。「PUI PUI モルカー」って今年の作品なんだなーと遠いところに来た感ある。昔子供の頃にモルモットを飼っていたから、モルの鳴き声が懐かしく可愛くて仕方ない。アニメも毎週見てハマり、モルカーたちに夢中になった。シロモがお気に入り。ファンの間では勝ち確BGMと呼ばれている次回予告BGMが、ドライヴな疾走感があってすごく好き。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

Aimer(エメ)「残響散歌」。待ちに待ったTVアニメ「鬼滅の刃 遊郭編」の主題歌。朝の情報番組で、歌いすぎて喉がつぶれてしまったことで独特な声になったと知り、声の良さでファンになった。「うっせぇわ」のAdoも歌声と地声がすごく良いので、声って天賦の才能なんだなーと思う。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

木村昇「ラヴ・イズ・エヴリシング」。「ルパン三世」の新シリーズ開始に合わせて全シリーズ楽曲がついにサブスク解禁になり、大好きなルパン楽曲がたくさん聴けるようになって感激。ピート・マック・ジュニア版「ルパン三世のテーマ」も解禁されるともっと最高なのだが。

open.spotify.com

www.youtube.com

関連動画で見かけた、車載ネタ動画が良かった。夜のドライブに合いそう。木村昇TARIZMANの「ウルトラマン80」のテーマ曲もめっちゃ好き。「ウルトラマン」シリーズも今年、全シリーズ楽曲がサブスク解禁されてめでたい。

open.spotify.com

 

松谷祐子「心細いな」。この夏から地方局の夕方アニメで「うる星やつら」が放送開始されたので録画して見ていたら、主題歌の音楽センスや、遺伝子レベルで刷り込まれているあらゆる効果音に衝撃を受け、アニメのフォーマットを形成した作品なのだと再認識した。時折、押井守節が暴走するむちゃくちゃなお遊び回もあって面白い。アニメ本放送のヘレン笹野版「心細いな」もいいが、松谷祐子版は歌謡曲寄りというか、カリビアン調が一層強まっててよい。よく聴くと由紀さおりの「手紙」とソックリ

open.spotify.com

www.youtube.com

 

過去曲の再発見&再評価

ダーク・ダックス「銀色の道」。昔ウイスキーのCM曲か何かで聴いて、曲名がずっと分からず探していたら、懐かし動画でたまたま流れていてやっと判明した。見ていてよかった懐かし動画! ザ・ピーナッツ版もあるが、ダーク・ダックス版が激シブで最高。中年になった今聴くと、こころに沁みる歌詞だな……。

www.youtube.com

 

マリーン「This Time」。子供の頃に地方局でやってた「おとなのえほん」(サンテレビ)というエッチな深夜番組のアーバンなテーマ曲がとてもカッコよくて、誰の曲だろうと長年探していたら、懐かしCM経由でこの曲だと判明した。いま流行りのシティポップ感もあってオシャレ。マリーンってフィリピン出身だったのかー。「夜もヒッパレ」によく出ていた記憶が。

youtu.be

 

しばたはつみ「マイ・ラグジュアリー・ナイト」。下記リンク記事の動画(現在は非公開)で、ケイト・ブッシュの気迫にも負けず「Let it be」を歌い上げる女性歌手、しばたはつみが気になって、他の有名曲を聴いていたら、今さらながらとても素晴らしいシンガーだったと知った。

amass.jp

www.youtube.com

open.spotify.com

 

滝沢洋一「シティーバード」ビートたけし版はたけしソング大好きっ子だから聴き馴染みがあったが、作曲家のセルフカバー版があるのは知らなかった。80-90年代シティ・ポップが再評価される今だからこそ、もっと世間に聴かれてほしい。「レオニズの彼方に」もいい曲。

www.youtube.com

www.mag2.com

open.spotify.com

 

森広隆「ゼロ地点」。フジテレビ深夜の歌とお天気番組「サウンドウェザー」動画で見ていたら、なんとなく聞き覚えがあり、2002年当時、職場のラジオでも流れていたかも……!? と記憶がぱああっと蘇った。グルーヴ感がすごくて今聴いてもめちゃカッコいい。プロフを見たら同年代で、現在もソロで活動中とのこと。同年代として応援してる。

www.youtube.com

www.youtube.com

open.spotify.com

 

Nujabes(ヌジャベス)「Spiritual State(feat. Uyama Hiroto)」。東京パラリンピック開会式でデコトラ布袋さんに驚き、閉会式もまた演出や選曲が素晴らしくて、特にこの曲がよかった。友人に「マクガさんがNujabesを知らないのが意外!」と言われるほど、ローファイ・ヒップホップはあまり聴いたことがなかったが、東京パラ経由で新しいジャンル開拓ができてよかった。また閉会式では中村くんの「世界は変わる」も流れて、江戸川区のスターが世界へ……! とひとり感激してた。

open.spotify.com

www.youtube.com

サブスク解禁バンザイ!

大滝詠一「マルチスコープ」。今年一番嬉しかったサブスク解禁は、やはり大滝詠一だろう。願わくばCM楽曲集(NIAGARA CM SPECIAL)も配信してほしかったが、権利の都合かこのアルバムが限界なのかも。けど「マルチスコープ」が令和の今にサブスクで聴けてちょう幸せ。

open.spotify.com

 

SAKEROCKおじいさん先生。大好きだった日テレ深夜ドラマ「おじいさん先生」、SAKEROCKの劇伴も好きでいつかサントラ配信されたらいいなーと願っていたら、SAKEROCKサブスク解禁でついに叶ってしまい、夢精した。「MUDA」も聴き放題!

open.spotify.com

open.spotify.com

 

懐かし動画から判明した曲(天気番組編)

インドロップス「そっとさよなら」。TBS夜9時前の天気番組「明日のお天気」の、時節コメントありの穏やかな天気予報と安らかなBGMがすごく好きで、まさか番組のお天気お姉さんユニットによる歌ありバージョンがあったとは知らなんだ。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

ポール・モーリア「想い出のランデヴー」。日テレ夜9時前の「あすの全国の天気」もよく見ていた。昔の天気予報番組、なんでこんなにハイセンスなの……イージーリスニング率が異様に高い。そういう時代だったのかも。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

Cusco(クスコ)「Alcatraz」。朝のTV番組で聴いていた記憶だけあり、懐かし動画でそのあたりを探して見まくっていたら、TBS「朝のホットライン」の前田武彦の天気コーナー「ザ・お天気マン」のBGMだとついに分かった。ずっとずっと探してたよ……! テクノポップ調だから、テレ東の電車運行情報番組「レール7」と勘違いしてた!

www.youtube.com

 

服部克久「ディオリッシモ(残香)」。フジテレビ「スーパータイム」天気予報BGM。服部克久の楽曲を日常的に聴かされているの、今振り返ると音楽教育のレベルが高い。

www.youtube.com

 

服部克久「ル・ローヌ(河)」。これも服部克久。電話の保留音にも組み込まれている服部克久サウンド……!!

www.youtube.com

 

Frank Mills(フランク・ミルズ)「Music Box Dancer, Pt 1」。こっちも電話の保留音でお馴染みのやつ。スマホが主流な現代で、もう固定電話に電話をかけて保留音を聴くなんて習慣すら滅びそうなのに、どうしても心惹かれてしまう。

www.youtube.com

 

アレクサおやすみソング集

最後はしめやかに、寝る前のゆったり音楽集。2002「Sea of Dreams」NHK深夜の動物フィラー番組で聞き覚えがあり、Alexaのイカす選曲のおかげで曲名を知れた。Alexaにはひたすら感謝してる。声かけてもたまにそっぽ向かれるけどな!

www.youtube.com

open.spotify.com

 

Vangelis(ヴァンゲリス)「Fields of Coral」。これもテレ朝のオープニング/クロージングで流れる「大地震に備えて」BGMで聞き覚えがあり、ヴァンゲリスだった。穏やかな気持ちになるより、もし夜中に地震が来たら……と不安で警戒しちゃうイメージソング。

www.youtube.com

www.nicovideo.jp

open.spotify.com

 

Max Richter(マックス・リヒター)「Dream 1」。眠れるソングでは超定番らしい。原曲は8時間もあるの……!? 不眠症に効いたらこれ幸い。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

Jóhann Jóhannssonヨハン・ヨハンソン)「Flight From The City」。個人的には一番よく眠れるBGM。ミニマムなピアノを聴いているうちに眠っていることが多い。

www.youtube.com

open.spotify.com

 

****

以上、2021年統括音楽編でした。今年も新しいアーティストの邂逅、念願だった数々のサブスク解禁をはじめ、懐かし動画経由で再発見・再評価できた過去楽曲との出会いと、まことに充実した音楽ライフだった。来年もよい曲の出会いに恵まれますように。昨年も書いてるが、山下達郎ナムコ楽曲、配信解禁ずーーーーっと待ってるよ!

 

www.youtube.com

クリスマスソング、今年はこの曲とともにお過ごしください。

2021年マクガ的統括ベスト5(人生編)

今年も統括の時期がやってきたから、いつもどおりやる。つーか統括エントリ、かれこれもう5年も続けてた。えらい!! 無駄に長いし誰も読んでないし読んでも書いても何の得にもならないのに、自分のためだけに続けててえらいッ!!!! なお過去エントリは以下の通り。

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

macgirl360.hatenablog.com

今回は、人生イベントやマイブームのランキング、人生編。今年は遠出こそできなかったものの、近場スポットや美術館、映画を観に出かけたりはそこそこできた。緊急事態宣言の期間延長や夏場のコロナ感染爆発さえなかったら、もっといろんな場所へ出かけられたのにな……と悔やんでも仕方ないので、さくっとやる。

 

5位★花の名前をひとつ覚えて、あなたに教えるんです

朝ウォーキング中によく見かける季節の花の名前を知りたくて、以前は植物専用SNSアプリで写真を取り込んでユーザーに回答をもらい調べてたのだが、どうも動作が重いしストレスだったので、もっと簡単に、確実に調べられる無料アプリ「ハナノナ」に乗り換えた。

flowers.stair.center

www.bepal.net


f:id:macgirl360:20211209132758j:image
f:id:macgirl360:20211209132715j:image
f:id:macgirl360:20211209132706j:image
f:id:macgirl360:20211209132718j:image
f:id:macgirl360:20211209132722j:image
f:id:macgirl360:20211209132746j:image
f:id:macgirl360:20211209132711j:image
f:id:macgirl360:20211209132735j:image
f:id:macgirl360:20211209132743j:image
f:id:macgirl360:20211209132749j:image
f:id:macgirl360:20211209132724j:image調べた花の一部……いっぱいあるけどこれでもごく一部なんです! たまに正確でない結果が出るものの、どういう属なのか分かるだけでも十分便利で、花を探す楽しみが増える。

f:id:macgirl360:20211209132838j:image
f:id:macgirl360:20211209132835j:image春に庭植えした、白のカサブランカが見事に咲いた。麗しい……! 咲いた直後は花粉が赤いんだね。あまりに美しいので思わず地元の情報紙の園芸コーナーに投稿したら、採用された。投稿率低いのかしら。

f:id:macgirl360:20211216134954j:plain

 

4位★おでけけいろいろ

f:id:macgirl360:20211209133840j:image
f:id:macgirl360:20211209133904j:image
f:id:macgirl360:20211209133907j:image
f:id:macgirl360:20211209133813j:image
f:id:macgirl360:20211209133833j:image
f:id:macgirl360:20211209133837j:image
f:id:macgirl360:20211209133843j:image
f:id:macgirl360:20211209133827j:image
f:id:macgirl360:20211209133846j:image
f:id:macgirl360:20211209133821j:image
f:id:macgirl360:20211209133901j:image
f:id:macgirl360:20211209133807j:image
f:id:macgirl360:20211209133830j:image
f:id:macgirl360:20211209133803j:image
f:id:macgirl360:20211209133855j:image
f:id:macgirl360:20211209133825j:image
f:id:macgirl360:20211209133858j:image
f:id:macgirl360:20211209133810j:imagef:id:macgirl360:20211209134758j:imagef:id:macgirl360:20211214230330j:image
f:id:macgirl360:20211209134726j:image
f:id:macgirl360:20211209134713j:imagef:id:macgirl360:20211209134723j:image
f:id:macgirl360:20211209134811j:image
f:id:macgirl360:20211209134754j:image
f:id:macgirl360:20211209134716j:image
f:id:macgirl360:20211209134733j:image
f:id:macgirl360:20211209134742j:image
f:id:macgirl360:20211209134801j:image
f:id:macgirl360:20211209134804j:image
f:id:macgirl360:20211209134745j:image
f:id:macgirl360:20211209134719j:image
f:id:macgirl360:20211209134729j:image

ざっと並べただけでも、コロナ禍なりに意外と出かけてた。美術展と博物展が6ヶ所、映画館が2ヶ所、神社仏閣が(写真なしを含め)5ヶ所。あとは観光地や遊び場、スパにおすもうってとこかな。シン・エヴァって今年の出来事なんだなー。庵野秀明ドキュメンタリーきっかけで、遅れ馳せながらエヴァ庵野秀明ワールドにすっかりハマった。鬼滅の刃原画展は抽選に当たってよかった。本当は8月の馬場のぼる展にも行きたかったが、感染爆発でジム通いも自粛するほど出かけられず断念したのが残念無念。そういや夏休み、どう過ごしてたんだっけ……???

 

3位★捨て金魚を拾って育てる

macgirl360.hatenablog.com

夏の終わりの出来事。マジで怒り心頭の出来事だったし、未だに怒ってる。というのも後日談があり、この一週間後に再びゴミ捨て場に訪れたら、金魚が6匹ほど捨てられていた。

f:id:macgirl360:20211214231933j:image
f:id:macgirl360:20211214231930j:imageうちの水槽はもう限界なので、まだ余裕のある実家水槽へ保護してもらった。母は「やったーまた金魚が(タダで)増えた!」と大喜びだった。さすがにもう犯人も諦めたろう……とさらに数週間後に立ち寄ってみたら、なんと今度はメダカも含めた金魚数匹がまたまた捨てられていた。しかも前回同様、落書きブロックも元通り……ムキーッ! 犯人はおそらくどこかで見張っては金魚を投下し、確固たる意志でもって命を弄び、愉しんでいるのだろう。もう実家の水槽もいっぱいで、これ以上見えない悪意と戦うのは危険だし、犯人の歪んだ愉悦に付き合うのは精神的にもキツいから、役所の公園課にメール通報した。すぐに返事が来て、然るべき対処をしてくれるとのことで、一安心した。これ以上保護できない金魚を見捨てるのはつらいから、しばらく立ち寄らないようにした。早くどうにかしてほしい。

f:id:macgirl360:20211209135334j:image
f:id:macgirl360:20211209135341j:image
f:id:macgirl360:20211209135331j:imageつい先日、久々にゴミ捨て場を探訪。役所側で水溜まり問題を解決してくれたらしく、見事に対処されていた。よかった……! 最初から水が溜まらない構造だったら……と悔やまれるが、これでもう不幸な金魚が出ないことを祈りたい。f:id:macgirl360:20211209135338j:image最近の我が家の捨て金魚。太っちょ模様2匹のうち1匹の黒斑病が、日に日に回復して今はすっかり消えて無くなった。黒斑はストレスで出るそうで、うちに来たことで病気が回復したのなら何より。もう1匹の太っちょ模様は転覆病が出て塩浴療養したら、すぐに回復した。丸い子は転覆しやすいから気をつけねば。

f:id:macgirl360:20211213224035j:image実家組の捨て金魚。水換え中でぎゅうぎゅう詰め。白くてデカいのは、小さいのばかりでボスも必要だろうと父がホムセンで追加お迎えした。どんな理屈やら分からんが、みんなで仲良くやってるらしい。しかしうちの子らより1.5倍ほどデカく成長してるな……やっぱ水槽の大きさと成長度は多少比例してるのかなー。

 

2位★YouTubeの懐かし動画にハマる

macgirl360.hatenablog.com

このエントリでも書いたが、今年はYouTubeで懐かし動画をひたすら見まくっていた。懐かし系動画、見ようと思えばいつでも見られそうだし、わざわざ調べにいくほどでも……と思っていたが、最初は昔のニュース動画をなんとなく見はじめてみたら、あの頃の時代の空気や、ノイズやゴーストの入りまくったVHSビデオのアナログなぬくもり……デジタル映像では出せない、意図としないグリッチ感を味わうのがとても楽しくなり、どんどんハマっていった。地方の天気予報番組やローカルCM集、地方局のオープニングとクロージングも好きで、昔のニュース系動画はもう一通り見てしまい、最近は「1989年7月夕方頃のCM集」のような、ある特定の時間帯に放映していたCM詰め合わせ動画を探してはBGVにしている。以下、あらゆる懐かし系動画の中から、オススメ動画をいくつかご紹介。

 

youtu.be

NHK1986年の年末ニュース。年末のこの時期にもマッチしたニュース。このシンと冷えた年末の空気感がたまらない。暴力団も元気で、バブル景気の足音も聞こえてくる時代。上野駅で帰省する人々のイキイキとした表情が微笑ましい。白鳥のお騒がせニュースにホッとする。

youtu.be

NHK西沢祥平アナのニュースまとめ。2時間近くもある……!(未編集版は4時間超え)声が心地よいし、淀みなく淡々とニュースを伝えているのが素晴らしい。ずっと聴いて、見ていられる点では、磨き抜かれた落語の話芸にも通じる。

youtu.beFNNニュースレポート23時俵孝太郎アナのニュースも、ビートたけしにモノマネされるほど節回しが独特で面白くてお気に入り。この時代はニュースやワイドショーは、サムネやテロップが手書きで味わい深くてよい。良すぎて思わず何枚かキャプった。

f:id:macgirl360:20211216143210j:plainf:id:macgirl360:20211216143239j:plainf:id:macgirl360:20211216143313j:plainf:id:macgirl360:20211216143333j:plainf:id:macgirl360:20211216143421j:plain

 

youtu.be

NHKの年末特番「ニュースハイライト この1年」シリーズも、世界の情勢や世間のブームが分かってすごくいい。また復活してくれないかなー。
f:id:macgirl360:20211216144107j:plainf:id:macgirl360:20211216144122j:plainf:id:macgirl360:20211216144259j:plainf:id:macgirl360:20211216144312j:plainf:id:macgirl360:20211216144330j:plain

youtu.be

youtu.be

各局で深夜によく放映されていた、「歌う天気予報」シリーズ。お天気のお知らせ&歌手のプロモビデオ番組。どれも全然知らない歌手なのに、なんか画がシブくてシビれる。要はレコード会社のプロモーションを兼ねたPR番組なのだが、イカした映像と天気予報テロップの組み合わせに「この曲で売れてやる!」という気概と、誰も見ていないかもしれない真夜中に放送される侘しさを感じて、いろんなパターンの歌う天気予報動画を探してる。

youtu.be

京都のローカル局MBSの、夜の定点カメラ天気予報。映画「タワーリング・インフェルノ」のBGMが激シブ……! こういう制作者のセンスが炸裂したミニ番組を見るの大好き。

youtu.be

そんなセンス大爆発な、もっとも好きなローカル局クロージング。「明るい話題をお茶の間に 考えるドラマを若者に 身近なニュースをより速く 新しい話題をお届けする岐阜放送テレビ」のメッセージも素敵だし、BGMのジェームス・ラストの「Liebestraum(愛の夢)」が最高にロマンチックで、中継局のテロップがまるで映画のエンドロールみたい。人生のエンディングすら感じる。

 

youtu.be

youtu.be

youtu.beあすの番組紹介、番宣番組も大好物。静止画番宣は手作り感が味わいあって、紹介された番組が何割増しか面白そうに感じる。

 

見てほしい動画はまだまだたくさんあるが、ひとまずこんなところで。各テレビ局公式チャンネルのニュース系リストもさすがの公式、映像も美麗で見応え抜群なので、ぜひ見てもらいたい。

youtube.com

 

1位★伸ばした髪をヘアドネーションした

www.jhdac.org

4年ほど伸ばしたロングヘアを維持するのも少々疲れてきたし、以前から興味のあった髪の毛の寄付、ヘアドネーションを初めてやってみた。生涯通して胸より下まで伸ばしたおかっぱロングヘアは3回ほどで、あとはショートかショートボブばかり。秋頃に切る目標の前に遊んでみようと、ちょう久々にパーマをかけた。

f:id:macgirl360:20211209133817j:imageデジタルパーマ、初めてかけてみたら、手入れがラクでいい。指で毛先クルクルだけでそれっぽいゆるふわパーマになるのが良かった。ロングの特権を十分堪能させてもらった。

f:id:macgirl360:20211214234046j:image切る直前、ロング特権のひとつ、三編みをしてみた。いやー伸ばしたなあ。しみじみ。

f:id:macgirl360:20211209134751j:image
f:id:macgirl360:20211209134808j:image8月、ヘアドネ賛同サロンで、ヘアドネカットしてもらった。30分もかかってたドライヤーが5~10分で終わり、ちょう楽ちんになって感激。31センチ以上が条件以外は、パーマやカラー、白髪やクセありでも、受け付けてくれる。ドナーシートを記入して、返信用封筒とあわせてレターパックで送付するだけ。カンタン!

f:id:macgirl360:20211209134748j:imagef:id:macgirl360:20211214233810j:image最近届いた、ヘアドネ受領証のシール。すべて手作業で発送するのが困難なのか、来年からはデジタル受領証に移行するらしい。

綺麗な髪の毛ではないが、せっかく切るのだったら、どこかの困っている誰かの役に立ったほうがいいかなーと思い、やってみた。また長く伸ばす機会があればやってみたい。

f:id:macgirl360:20211209134736j:imagef:id:macgirl360:20211209141407j:imagef:id:macgirl360:20211214233958j:imageヘアドネカット前に、おめでたいイベントで着物を着る機会に恵まれた。10数年前に母に買ってもらった訪問着、弟の結婚式以来かも。地毛で髪結の目標も達成できた。カット後にも1回着てみて、心身が引き締まってやっぱ着物っていいなーと思ったが、クリーニングなどのメンテ維持にお金がかかりすぎて、趣味にするのは難しいかも……でもそのうち、着付けは習ってみたいと考えてる。着物大好きの姉が教えたがっているし。

 

* * * *

 

人生編、だいたいこんな感じで。そういや番外編と呼べるものがなかったなー……と思った途端、ちょっとしたサプライズがあった。

yasushikun.exblog.jp

以前の90年代語りエントリで、昔編プロ時代に制作した「金田伊功GREAT」についての関連記事リンクを貼ったところ、その記事を書かれたご本人(やすしくん様)が、なんと偶然当エントリに辿り着き、「読んでいたら、自分の書いた記事のリンクが貼られてるのを見つけて、とても驚きました!」とご連絡をいただいた。身内以外で、ネットで初めて自分のブログを読んでくれた感想をいただいて、こちらも感動してしまった……やすしくん様、本当にありがとうございました! 自分も誰かにリンクを貼ってもらったり言及されるような記事を、これからも書いていきたいです。

 

次回は音楽編。もう今年も2週間しかない……何としても書き上げる!

何者かになれなかった自分へ。後編:00年代語り

macgirl360.hatenablog.com

前編の続き。Netflix映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」の舞台と時系列になぞらえて、後編は00年代語り。00年代だって、もう20年も前になってしまった。20数年間も、ただゲームして遊んでいい気持ちになって、時には傷ついて落ち込んで泣いて、歳ばかり取ってしまっただけじゃないだろ? と過去と現在の自分へ言い聞かせるために、書く。

f:id:macgirl360:20211207172822j:plain

撮影年数が不明の、おそらく2001年頃に田舎の釣り堀へ行った時のスナップ。茶髪ロング時代。相変わらずどの時期の写真も容姿が全部違う。そういえば編プロ時代の初期はメガネかけてない写真が多かった。いつからメガネっ娘になったんだっけ……。

バブル以上バブル未満、結果的にバブルだった00年代

2001年。早稲田から神保町へ引っ越したオタク系編プロで、毎日激務に追われ、会社や自分の先行きがいよいよ見えなくなってきた時に、転機が到来した。田町の広告デザイン会社への転職。面接の時、えらそうな人から「広告ってのはね、キミの親くらいの世代のえらい人たちを納得させるのが仕事なんだよ。分かる?」と謎の脅し文句が出てきたが、結局何だかよく分からないまま採用されたのを思い出す。

自分の主な業務は前職と変わらずオタク系、漫画誌のデザインやコミックスの装丁。一方で隣部署では、街のあちこちや雑誌で見かけるような、一流メーカーの商品広告を制作し、一流広告代理店のアートディレクターが出入りしていて、まるでTVドラマのような世界に見えた。
職場がオタク系で、周囲はオタクだらけで、(サブカルや原宿系ファッションで武装しつつも)自分も根はオタだったから、広告デザイン会社で一流の広告を作っている美男美女ばかりでオシャレなデザイナーたちに、オタバレしたらどうしよう……と謎の畏怖の念を抱いていた。しかしスタッフは先輩・後輩もみな優しくフレンドリーで、まるで部活動のような職場だった。自分は万年帰宅部で実際に部活経験はないが、なんとなく部活感があった。

チームの垣根を超えたメンバーで、ほぼ毎週末、飲み会があった。早稲田編プロ時代も、週末に高田馬場でアニソンカラオケ飲み会はあったが、それ以上の習慣だった。田町周辺から恵比寿~渋谷まで徒歩やタクシーで遠征して、朝まで3軒ほど居酒屋やバーをハシゴして飲んで騒いでいた。みんな若くて、先輩の面倒見もよく、お酒が好きな面子が多かったのだろう。毎週末飲みに行けるほどの収入にも恵まれていたのだろう。いいお店もいっぱい連れて行かれて教えてもらったりして、恵比寿に朝8時からやってる居酒屋があるのが衝撃だった。

tabelog.com

www.youtube.com

その頃よく聴いてた曲、スガシカオの「8月のセレナーデ」。職場のラジカセでは一日中J-WAVEが流れており、シカオちゃんはラジオ番組もトークが面白く、みんなのお気に入りだった。J-WAVEでかかる曲は、洋楽・邦楽問わずどれも気に入ってはCDを買いまくっていた。以前も書いたように、キリンジは当時好きになれなかったが、のちに和解を果たしている。

macgirl360.hatenablog.com

 

www.summersonic.com

同僚デザイナーたちと、2001年のサマーソニック1日目にも参加した。同僚たちはヘッドライナーのベックとプライマル・スクリームが目当てだったが、自分はインドアステージのAIR(エール)SOULWAXソウルワックスが見たくて来て、どちらも最高のステージだった。プライマルのステージがそろそろ始まるというので着いていったら、開始直後にモッシュ&ダイブの波が襲ってきた拍子に、なんと財布を落としてしまった。翌日キャッシュカード類を即停止させ、戻ってくるのを諦めかけていたが、財布内に入っていた名刺から会社宛てに拾得の連絡がきたが、モッシュ&ダイブで踏んづけられて見るも無残にぶっ壊れて、ボロボロになって帰ってきた……大事にしてたゴルチエの財布が~。なので、プライマルのあの曲を聴くとあの時のトラウマが蘇ってくる。プライマルのばか!

www.youtube.com

www.youtube.com

00年代は友人たちの影響もあって、テクノやエレクトロばかり聴いてたような気がする。石野卓球主催のWIREにも何度か通ったり、FROGMAN RECORDS主催のオールナイトにも行った。KAGAMIも亡くなってもう11年になるのか……。

www.youtube.com

 

www.amazon.co.jp

(リンク先18禁注意)上司がこの漫画いいよ、と貸してくれたエロマンガ米倉けんごの「エヴァーグリーン」。なぜ女子の自分にエロマンガを……と疑問だったが、絵が超絶うまくて、エロマンガというよりも切ない青春ラブストーリーで、刹那的なエロなのに印象深くココロに残り、とても面白かった。「なまら(とても、すごく)気持ちいい」のセリフで北海道弁を覚えた。上司は北海道出身で、このへんが特に刺さったのかな。このあと二次元エロ本を作る会社へ転職し、この作家の別のエロマンガ(淫笑う看護婦)が資料棚にあり、名作だと知る。どうやら最近になって新装版が出たようで、今度また読み返してみたい。

 

千葉の実家から田町へ通勤するのはよくても、帰りはほとんど終電もしくは徹夜でタクシー帰りの生活が厳しくなってきたので、ついに実家から出て、タクシー通勤手当範囲内の武蔵小山ワンルームのマンションを借り、一人暮らしを始めた。ムサコは品川と目黒の境目にある街で、住所が目黒区なのが都会人の仲間入りできたようで嬉しかった。野良の黒猫がベランダに出入りしてきて、黒いから「ロデム」と名付けて世話をした。ある日、ベッドにおしっこされて怒ったら、もう家に来なくなってしまった。

2003年秋、仕事に限界を感じ、広告デザイン会社を辞めた。数ヶ月間、失業手当をもらいにハローワークへ通いつつ、職のあてもないまま昼起きて朝寝るPSO廃人しつつ自宅のeMacふたば☆ちゃんねるの虹裏に入り浸る、爛れた生活を送っていた。翌年春、めでたく次の転職先が決まったが、新職場からは遠距離になり貯金も尽きたため、2年目の更新をせずに千葉の実家へ戻った。わずか2年足らずの一人暮らしライフだったが、人生で一度くらいは一人暮らしをしたかったから、感無量だった。

 

自分は一体誰に、何者になりたかったのだろうか?

90年代と00年代、いずれの職場も人の回転が極端に激しく、先輩や同期、後輩たちも次々と辞めていった。故郷へ帰るために、別の道へ進むために、心身を壊したために……中には夢を追い続け、有名な売れっ子少女漫画家になったり、大手ホビーメーカーの社長になったり、本職とは異なる異業種へ転向、成功した同僚たちもいた。

90年代は憧れの世界があったが、00年代は一体何に憧れ、誰に、何者になりたかったのか? いま振り返ると、社員旅行でサイパンや長野のスキー場へ行ったり、忘年会はふぐ料理店で豪華景品ビンゴをやったり、外部の大手出版社の忘年会で超大物漫画家先生たちとどんちゃん騒ぎしたりして、なんだか遅れてきたバブルみたいだった。バブル世代でないし、実際のバブルでないけど、自分にとってのバブルな世界がそこにあった。広告業界という綺羅びやかでバブリーな世界や周囲にただ流され、浮かれていただけかもしれない。映画でも、テレビの映像制作業界の煌めく世界と、忙殺され自己喪失になる現実とのギャップの憤りが描かれていた。ビルの非常階段の喫煙所で、同僚とタバコをふかしながら「お前、これからどうするよ?」みたいな、あの感じ。元喫煙者ゆえに、わかりすぎる。

 

2004年、現職へ転職した。ゲーム雑誌を2冊ほど作っていて、うち1冊のデザインをしつつ二次元系エロ本も作ったりした。前職2社とも昼~夕方出勤は当たり前の職場だったので、朝の定時に社員がちゃんと全員出勤していて軽くカルチャーショックを受けた。

入社して間もない誕生日の朝、電車に駆け込み乗車したら、思いっきり転んで電車のドアの縁に頭をぶつけて、痛みに耐えながら出社してトイレへ駆け込み頭を見ると、左頭上がパックリ割れて出血していた。近所の外科医へ診察したら、10針縫う大怪我だった。入社して即労災適用の洗礼。しかも誕生日に……傷跡からはもう髪が生えてこなくなり、毛も真っ白になった。

自分より一足先に入社したYくんがゲーム誌の編集長に就任し、目まぐるしい人事回転で互いにひとり部署になるなど悪戦苦闘しつつ、なぜかフトしたきっかけで読者コーナー担当になった。その後休刊しては新しいゲーム誌を創刊して、また休刊して……を繰り返して、Yくんの退職後もほんの少し続いたが、2017年、ゲームの仕事はすべて終わってしまった。

macgirl360.hatenablog.com


終わってみてから、ひとつ思い出したことがあった。幼少期、ゲーム雑誌からゲーム攻略本、一般誌のゲーム特集まで、とにかくゲームにまつわる本が好きだった。小中高に渡っていろんなゲーム雑誌を購読していて、特に好きだったのが「Theスーパーファミコンこと、Theスーファミ

https://retoge-mag.websa.jp/archives/258

たぶんこの号の特集、切り抜きでまだ持ってるかも……独特な切り口の特集ページやイマジニアズームのマスコットキャラ・ドラッキーのNECOまんががとても面白くて夢中になり、イラスト投稿もしまくって、何度か採用されてドラッキーグッズをもらったりした。ドラッキーがまさかのゲーム化したときは驚いた。

retrogamegoods.com


ホンダべるの(くしだナム子)さんの読者コーナーでは、「女子ゲーマーはフツーの女の子みたいにオシャレすべきか?」など、リアルな女子ゲーマーの本音や意見を熱心に語り合い、女子ゲーマーに親身に寄り添うホンダべるのさんのような、読者コーナーのお姉さんに憧れて……つまり、長年の夢がいつの間にか、叶ってしまった。というかもう叶ってた。願わくば、ゲームの仕事をできていた間に、憧れのホンダべるのさんにお目にかかって御礼を言いたかったが、それは叶わぬ夢になった。

www.beep-shop.com

男社会なゲーム誌業界の中、長年活躍して、別ジャンルの自動車業界でも活動していて、今でもステキで、ずっと憧れの女性ゲームライターだ。

いままでの生き方よりも、これからの生き方を考えたい

長々と語ってきたが、幼少期の夢は叶えられても、映画の主人公のように、結局自分はフツーじゃない何者かになれないままただ齢を取り、疲れを知らない万能感にあふれる若い頃は、周りの影響を受けすぎてほんの少しトガッていた程度で、そこらへんの、どこの誰にでもよくあるような人生の轍を踏んでいたに過ぎなかったと思い知らされる。

とはいえ、何者かになれなかったのは自分だけでなく、人生の岐路において自分が踏み台にしてきたり、若くして志半ばで夭折した同志たちがいて、いまの自分が在るのだと気付かされた。

新卒で編プロに就職した際、デザイン専門学校の友人女子が、実は同じ編プロに応募して書類選考で落ちたのを、あとで本人から聞かされた。彼女とは疎遠になってしまったが、その後彼女はデザインとは無縁の業務に就いている。

現職では、二人の仕事仲間が病気や事故で若くして亡くなった。うち一人は、生前中に自分の著書を出したかったのだが、残念ながら叶わず、ある日突然事故でこの世を去ってしまった。のちに彼の無念を晴らそうと遺稿の出版を実現させたが、本来ならば生きているうちに、夢を叶えてあげたかった。今でも悔やんでも悔やみきれない。

 

www.nhk.or.jp

再びスガシカオの話題になるが、以前「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演した時、こんな話をしていて、深く印象に残った。

スガ自身も「誰かの心に言葉を残したい」という思いから、以前は高校教師になることを夢みていた。その夢はかなわなかったが、同じ思いを実現するために、今はシンガーソングライターとなった。スガにとって「夢」とは、職業の名前ではなく、どんなことを実現したいかだ。
『夢って、例えばパティシエとかパイロットとかは職業の名前であって、自分が生きていく道の名前じゃない。どういう風に生きていくかってことが本当の夢の正体だと思って。シンガーソングライターも誰かの言葉を伝えるっていう意味では教師と同じ。職業ではなく、そこを達成させるために自分の人生がある』。

自分の場合、ゲームが大好きで、ゲームに寄り添って生きるのが、夢のひとつだ。職業的には終わってしまった夢だが、社会人人生の中で携わった時間がもっとも長く、もう十分に役目を果たしてきたと自負するから、次はもっともっと私的に、ゲームと寄り添って生きてゆきたい。こうしてゲーオタブログを書くのも、ポッドキャストでオタトークするのも、この夢の一部だ。

***

90年代と00年代。あの頃、何者にもなれなかった自分を悔やむのは、もうこれを期に終わりにして、あと20数年で定年を迎えようとしているいまは、これからなりたい自分や夢を、衰える心身と相談しつつ、再び見つけにいくことのほうが大事だと思う。

老後の楽しみに積みゲー積ん読しても老眼問題が控えてるし、もはや夜ふかしできる気力体力はないし、筋肉だって落ちてくるし、髪も白くなったり薄くなったり……中年の危機待ったなし! どう足掻いてもしゃーないから、次の楽しいことや夢を、できる範囲で見つけに行こう。自分の場合、やっぱバイクに乗りたいかなー。コロナ禍由来の二輪ブームが来る前に普通二輪MT免許取っておいてよかった。原付でもいいから、絶対に乗るぞー。が、その前に愛車ギアくん初の車検がそろそろだわ。10万くらい飛ぶらしい。ぐえー。

ってな感じで、映画の感想いかがでしょうか?>友人さん いい映画を教えてくれて、ホントありがとう。刺さりました。またいくらでも語り合いましょう。

次回はいよいよ年末恒例エントリー。いくつか書きます。

何者かになれなかった自分へ。前編:続・90年代語り

激務に追われてオタオタしてたら、あと数分で12月だよー! 今月分の更新にギリギリ間に合った。つーか間に合わせられるよう、記事を調整して前後編の2本立てにした。続きは来月の自分が書く。がんばれ!


先日、友人にオススメされて、Netflix映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」を見てみた。

www.bokutachiha.jp

とてもよかった。カテゴリは違えど、自分もまったく同時期の95年に、主人公・佐藤たちと同じようなマンションのテナント一室で、Macを使ったDTPの制作現場で、徹夜でがむしゃらに働きながら、サブカルチャーにまみれて生きてきたため、共感しまくりだった。仕事が増えるにつれて、職場も広くなり、ブルーのポリタンク型Power Mac G3がG4に進化していくさまも、自分のMac遍歴を見ているようだった。Netflix制作ドラマ「全裸監督」では時代舞台の再現が素晴らしかったが、本作もどのように再現したのか分からないほど自然だった。「全裸監督」で伊藤沙莉ナチュラルな演技が気に入ってファンになり、ここでも体を張った演技でますます好きな俳優になった。

macgirl360.hatenablog.com

3ヶ月前に書いたエントリ。まさかここにきて再び、プレイバック90年代の機運がたまたま訪れるとは、予想外だった。前回はごく個人的体験語りのみで完結したが、映画を見ているうちに刺激されて、あの頃はどの場所で、何に夢中で、どんな仲間たちがいて、どんな自分になりたかったのか、少しずつ別の記憶が蘇ってきた。
25年近く、引き出しの奥にしまいこんで、敢えて目を背けていた、いつまでも剥がさないカサブタのような過去にケリをつけて未来に生きるために、映画の感想を交えつつ、いま一度改めて振り返ってみたくなったから、少々長くなるが、読んでも何も得られない当ブログに寄るような暇がある人は、どうかまたお付き合い願いたい。

90年代。サブカルと、オネエさまに憧れて

macgirl360.hatenablog.com

以前にも古いスナップ写真を見ながら90~00年代を振り返っていたが、実はつい先日、実家で小5甥が「じいじが昔飼ってた闘犬の写真が見たい」と言い出し、家族総出で昔のアルバムを引っ張り出して捜索していたら、家族写真の中に幼少期から成人後の昔の自分が何枚か写っていて、とても懐かしくなった。闘犬と父の写真は結局見つからずじまいだったが、期せずしてよい発掘ができたので、ひとつ紹介する。

f:id:macgirl360:20211122221456j:plain

顔はまたもやMiiで加工。だいたいこんな感じのトガッた髪型とメイク。1997年、夏に実家で3歳の姪っ子1号と花火していた写真。

早稲田のオタク系編集プロダクションに入社して3年目くらいで、サブカル同僚の影響ですっかり社会人デビューを果たしていた。STUSSY SISTAのTシャツと派手なスウォッチは、前年に家族とのグアム旅行で買ったような。この頃はとにかく、オシャレと本、音楽CDに金と時間を注ぎ込んでいた。

主人公・佐藤と犬キャラ・かおりはバイト情報誌「デイリーan」の文通コーナーを通じて知り合っていたが、自分も高校時代に氷室京介が好きだった頃、ぴあの音楽情報誌「pmc」(ぴあミュージックコンプレックス)の文通コーナーに投稿が乗って、全国のヒムロックファン数名から手紙が来て文通していた経験があり、あのポストを開けると手紙が入っている喜びに、痛く共感した。実家の倉庫を探せばヒムロックグッズと共に手紙が眠っているかもしれないが、開けるのにはまだ勇気がいるかも。
時代がもうちょい後だと、個人告知情報誌「じゃマール」もあって、仕事で担当した漫画誌で「じゃマール」の友達募集コーナーを基にした文通コーナーを作ったのを覚えている。個人情報保護法が当然な現代じゃ絶対にありえないコーナーが、2000年初期まではフツーにあったんだよね……。

open.spotify.com

DOOPEES(ドゥーピーズ)のアルバム「DOOPEE TIME」。ゲーオタ的にはピピンアットマークのCM曲として有名かも。映画で渋谷のタワレコ前にこのアルバム広告が出ていて、甘酸っぱくなった。何度も何度も聴いていた、大好きなアルバムだったから。かおりの「エルマロいいよねー」のセリフにも打ちのめされた。劇中ではオザケンがやたらフィーチャーされていたが、当時オザケンはあまり聴いてなかったからさほど感情移入しなかった。かおりが借りたレンタカーで日産のPAO(パオ)が出てきて、なんでそこはトヨタカローラⅡじゃねーんだよ! とツッコみたくなったが、逆にカローラⅡだったらベタすぎて嘘くさくなってしまうから、あえてパオだったのかな。

編プロ入社した直後、社長が仕事終了後、女子デザインチームを渋谷の円山町のクラブに連れて行ってくれた。夜の渋谷はおろか、クラブに行くのも初めてで、目前に広がる煌めく妖しい夜の世界に、ドキドキワクワクしたのを今でも忘れない。その中でも、渋谷ON AIR WESTで月1回開催されていた「デパートメントH」に、とてつもない衝撃を受けた。ゴッホ今泉氏の描くアメコミ調のフライヤー、美しくてカッコいいドラァグクィーンのオネエさまたち、キャットファイト、アングラなパフォーマンス、思い思いの仮装のオーディエンス……あらゆるフェチズムがごちゃまぜの、変態による変態のためのパーティーだった。参加するたび、いつかこんな世界の住人に、本当の自分になってみたいと願った。しかし自分の殻を破る覚悟もセンスも到底持ち合わせておらず、ただひたすらステージの奥から指をくわえて眺めるだけで終わってしまった。

tripnote.jp

現在は鶯谷東京キネマ倶楽部で続いてるようだ。出演メンバーも殆ど変わっておらず、25年経ってもずっとブレていない。ひたすらカッコいい、今でも憧れる、きらめきの世界だ。

 

www.youtube.com

https://www.instagram.com/pierre_pierreetgilles/

フランスのゲイアーティスト・ユニット、Pierre et Gilles(ピエール・エ・ジル)。90年代洋楽のジャケットアートでよく見かけて、宗教画のような神秘的で美しい写真に魅せられ、かといって高価な画集は買えないので、パルコブックセンターあたりで買った比較的安価なTaschen社のポストカード作品集を穴が空くほど眺めた。いまはインスタで新旧作品が拝める。いい時代になった……。

allabout.co.jp

www.youtube.com

Mikado(ミカド)の「La Fille Du Soleil」も好きでよく聴いていた。ピエール&ジル節が炸裂するトリップなPV。フレンチなものに憧れ族だった。

 

www.komodo-books.com

アメリカのポルノ・アーティスト、Annie Sprinkle(アニー・スプリンクル)の書籍、「アニー・スプリンクルの愛のバイブレーション」(1995年/河出書房新社)。表紙のおっぱいバレエアートに衝撃を受けて買ったような。彼女の自由奔放な生き方、性の解放について、いろいろ学ばせてもらった。

アニーの近影。もう67歳なのかー。相変わらずお美しい。恰幅がよくなり、ますます魅力的なオネエさまに。


こうしてざっと挙げると、90年代は自分が持ち合わせていない性癖……ゲイカルチャーやSMっぽいもの、ビザールアートへの憧れが、密かにあったのかもしれない。ここ近年、マイノリティーにとって生きづらい話題が尽きないが、たとえ見た目や文化や信仰、生き方が違っていても、受け容れてくれる世界もあり、そのままでもよい、ありのままの自分でいてもよい場所が、生きる道標は必ずどこかにあると信じている。90年代に好きだったカルチャー、そして人々は、これからも自分にとって綺羅星のような憧れであり続けていてほしい。

編プロ在籍中、早稲田から神保町へ社屋引っ越しがあり、どちらも想い出深い場所になったが、早稲田はこれといった目的地がないため、退職後はあまり再来できてないかも。泊まり続きで家に帰れず着替えに困った社員御用達の激安服店、USバンバンも、加藤礼次朗先生の実家のそば屋三朝庵も、あの頃あったお店はもう無くなってしまった……。神保町は古本屋やメシ屋目的で、時々通っていて、社屋だった場所も覗いたりすると、別のテナント企業が入っていた。

編プロには5年ほど在籍したのち、社内のゴタゴタと仕事の行き詰まりが重なり退職。2001年、縁あって広告デザイン会社に転職した……といったところで、前編はおしまい。続きは後編にて。

正直、深い意味はなかったもの

f:id:macgirl360:20211020144124j:image
f:id:macgirl360:20211020144121j:image

久しぶりに引っ張り出して、読んでみた。懐かしいなー。もう11年前か。パックマンもあっという間に生誕41周年だよ。

 

「あそこは正直、深い意味はないんです」、ゲーム史上最高の名言だと、今でも思ってる。このエピソードを引き出せたことに関われて、とても光栄だった。『マッピー』も『さんまの名探偵』のドット絵も、大好きでした。

 

つい先日、すぎやまこういち先生も逝去してしまい、近頃自分たち世代が絶大な影響を受けてきた先人たちが旅立つのが、ひとつの時代の終わりを見送っていくようで、さみしい。ゲームのすごい人たちへの、尽きない感謝を込めて。